こんにちは。
前ブログで少し触れましたがコロナを疑う症状が出た場合について実際に自分が行ったことをご案内したいと思います。

私は特定疾患を含む免疫系の持病が複数あることから予防には細心の注意を払っています。
当然マスク着用・手洗いうがいは行っていましたし店舗では消毒を欠かしません。
家族もいないし仕事はコロナ禍前からオンラインに特化した事務所なので基本的に濃厚接触者はいません。
ただし今回は発熱前に体と美容室を利用していました。
2人ともOffice Kanonのサポーターですが当然彼らも職業柄予防には熱心です。
そんな中の発熱ですから相当動揺したのでした・・・

発熱を確認した時点で、念のため厚生労働省の相談目安を確認しました。
けれど私の場合は非常に判断に困る記載ばかりです。
今年はまだ北海道から出ていませんから帰国者ではありません。
しかし高熱があるし基礎疾患がある・・・おまけに若い頃に肺梗塞になっているのです。
Office Kanon

少し悩みましたがインフルエンザの可能性もあるため一晩寝てみよう!と、あえて服薬せずにそのまま入眠。
けれど朝になったら熱が下がっていたので逆に不安になりました。
インフルエンザなら一晩だけの発熱で終わるとは考えにくいからです。
またネットを検索すると、一晩だけ高熱が出て下がった数日後にいきなり苦しくなりコロナが判明した・・・というブログがあったからです。

そこで気持ちを落ち着けて公的サービスを利用しました。

【経緯】—————————————————-
10/7(水)整体
10/8(木)美容室と大型スーパー
週末は外出なし
10/12(月)お昼過ぎから倦怠感と全身の関節痛あり。味覚嗅覚異常ないが夕方38.3度の発熱確認
10/13(火)起床時36.2度、昼過ぎ35.5度の平熱確認
★10/14(水)LINEの北海道新型コロナ対策パーソナルサポートにて診断
★札幌市の救急安心センターさっぽろに電話で相談
10/16(金)本日まで平熱のまま経過
—————————————————————-

【LINEの北海道新型コロナ対策パーソナルサポート】
こちらは北海道のHPのリンクを辿っていって知ったのですが
LINEでともだちになると、アンケート形式で個人の状態に合わせた情報提供をしてくれる機能です。
チャットポッドもあるので若い方には使いやすいかもしれません。
※LINEの公式アカウントで「新型コロナ対策」と検索するといくつかの県アカウントが確認できます。
47都道府県の全ては確認できないためお住いの自治体のホームページ等でご確認ください。

こちらで診断したところ結果は【コロナウィルス関連の症状はなく重症化リスクが高い条件にも該当しない】でした。
またほぼ毎日、注意喚起や情報が送られてきます。

救急安心センターさっぽろ
LINEでおそらく大丈夫と思いましたがアンケート式では正確な症状が伝えられないため、念のために電話をしました。
こちらはコロナだけでなく救急医療相談に看護師が24時間・365日対応する、電話による相談窓口です。
LINEで「コロナの症状が無い」との判断でしたので一般の相談電話に架電しました。

まず帰国者か?現在症状はあるか?病院の前から電話してきていないか?などを確認されます。
今回は確認事項の全てをクリアしたため経緯を伝えたところ、LINEと同じくコロナの可能性は低いでしょうとの回答です。
そのうえで次の指示がありました。

1.今後も高熱が出たり受診したい場合は、あらかじめ受診したい医療機関に電話をし『相談センターの看護師からそう言われた』と伝え医療機関の指示に従う。
2.一定期間はできるだけ外出と濃厚接触を控える。
3.症状の変化を把握する。
4.体調不良時は仕事を休む。

もしコロナの症状が出た場合は同じ電話番号に電話をすると、コロナの対応ができる電話番号を教えてくれます。
そちらの電話番号先に電話をすると検査指示を出したり対応医療機関に連絡を取るなどの対応がなされるようです。
一時窓口では検査場所などを教えられない理由は想像に難くありません。

幸い、熱が高くなることもなく倦怠感などの症状も収まりました。
あるいはストレスによる熱だったのかもしれませんが・・・今でも高熱の原因は謎です。
そして新型コロナウィルスの怖さはまさにそれに尽きます。
自分が罹患しているかどうかわかりにくいし、自覚症状が無い場合感染源に成り得るということです。

しかしここで紹介したサービスを利用したことでずいぶん気持ちが楽になったのです。
カウンセリングも同じです。
独りで悩んで解決できなくても誰かに相談することで解決の糸口や情報が見つかります。
それが見つかるだけでストレスがグンと減るのです。
それをまさに体感した数日間でした。

これからもコロナだけでなく健康に注意しながら生活したいと思います。
皆さんもどうか健康でお過ごしください。

オンラインカウンセリング・コーチング・介護相談事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です